まつ毛エクステもサロンでメンテナンスは面倒

女性の多くが、目を大きく見せたいと「つけまつげ」をしたり、「まつげエクステ」を着けたりしています。
つけまつげは毎日着けたり外したりと面倒ですが、まつげエクステは1ヶ月くらい効果が持続します。
ただ、まつげエクステはまつげが抜けたら一緒に抜けてしまいますが、サロンでメンテナンスも行ってくれます。
しかし、毎回毎回サロンに通うのは少々面倒だし、お金もかかります。
それが、今では自分でまつげエクステを着けられる「セルフまつげエクステ」というものがあります。
メリットは自分でデザインを選べ、どこにボリュームを持ってきたいとか、目じりだけを長くしてセクシーな感じにしたいとか、
ナチュラルな感じなど自分の気分に合わせて楽しめます。
ただ、デメリットとしては、やはり目の近くに装着するので、今ネットなどでまつげエクステキットを購入することが出来ますが、
きちんとした知識を知らなければ、恐ろしい病気になる可能性もあります。
やはりプロのいるサロンへ行き、きちんと先生から講座を受ける事が大切です。

まつげエクステのスクールに通う理由は、人それぞれ

まつげエクステをしたいけれど毎月毎月お金が続かないという人、
まつげが痛んだり、毛数が少なくなってしまったり、短くなってしまうのではないかと心配な人、
サロンではなかなか思い通りのスタイルにはならず、納得のいく自分の好きなデザインにしたい人、
出産時にスッピンで病院にいなければならないので、サロンには通得ない為自分でまつげエクステしたいなど理由は多々あると思います。
しかし、独学のまつげエクステは怖い病気になる元です。特に目は敏感な箇所です。
スクールに通うだけで、プロのアイリストさんからいろいろな事を学び、材料やつけ方、ほんの少しの工夫でエクステが長持ち
する秘訣などを教えてもらい、不安なく安心してまつげエクステを楽しむ事ができます。
また、将来プロのアイリストになって手に職をつけたいと考える人も、スクールに通う事で第一歩を踏み出す人も多くいます。
資格さえ取ってしまえば、子供が出来た時でも、自宅サロンとして長く続けられる職業です。

セルフまつエク講座に通う若い女性が増加

その理由は、今までまつエクサロンに月に1~2回通っていたのですが、お金がかかりすぎる事です。
リペアなど本数が少なければ金額もたいしてかかりませんが、まつエクサロンではオフ代もかかるし、本数を無制限にすると結構な金額になるからです。
また、サロンでは出来上がりのデザインが、想像していたのものとは違う事が多々あります。
もっと目尻を長くして欲しかったとか、真ん中をもっとボリューム出して欲しかったとか、やはり私の希望通りにはなかなかならないという
話も聞きます。
そこで、自分の思うとおりのまつげにしたいと思い、セルフまつエク講座に通う人が急増しているようです。
一度自分でまつエクの着脱方法を学べば、それからはまつエクの材料を購入する金額だけですみます。
また、プロの先生から習う講座で、どこに何ミリのまつげをつけたら、どんなデザインになるかなどを詳しく聞けるので、
自分の知りたい事をいろいろ聞いて、いろんなデザインが出来るように教えてもらえる短期間の講座に人気が集中しているようです。

④まつげエクステのサロンに通っていますが、なかなか思い通りの目の形(目の印象)になりません。
サロンのスタッフさんによって、その人の好みや考え方で仕上がりが代わってきてしまうからだと思います。
私は、「まつげエクステつけてます」というよりも、「ナチュラルだけど長さはある」といったキレイ目な瞳が憧れです。
しかし、スタッフさんに伝えてもなかなか思い通りのまつげになった事はありません。
そこで以前から、自分でまつげエクステが出来たらいいのにと思っていました。
しかし、目は粘膜で出来ている為、その目にグルーが入れば角膜炎になり失明する事もあるそうですので、なかなか手が出せなかったのですが、
友人から「まつげエクステスクールで講座を受ければ、いろいろな話も聞け今後は自分でまつげエクステが出来る」と薦められ、講座を受けることにしました。
講座の内容はとてもわかりやすく、一度聞けば誰でも自分でまつげがつけられるとわかりました。
不器用だし不安もありましたが、今後は自分で自分の好きなまつげをデザインして、キレイな女性になりたいと思います。

セルフまつげエクステを装着するには、いろいろな材料が必要

まつげエクステ、エクステをつけるグルー、ピンセット、ドライヤー、医療用テープ、ティッシュ、鏡などです。
まず、したまつげにグルーがつかないよう保護の為テープをはります。
エクステをピンセットでとり、根元3ミリ程のところにグルーを付けます。
そして、鏡で形を見ながら自分のまつげの生え際2ミリくらいの所にまつげにどんどんエクステを付けていきます。
つけ終わったらドライヤーの風(弱冷風)で、グルーを乾かします。
文章で説明すると簡単なのですが、やはり人から教えてもらわないと自分では難しいし不安です。
なぜなら、目の近くに薬品(グルー)をつけるからです。
もちろん、キチンとした知識と説明を受けてから行えば問題はありませんが、間違った使い方や自己流で行うととても危険です。
自己流でまつげエクステを行った人から、全国でトラブルの報告が上がっています。
トラブル内容は、目の充血や痛み、まぶたの腫れや角膜炎などが多いですが、せっかくキレイになろうと思い始めたのに、
病気になってしまうのはとても残念です。
きちんとした方法で行えば、とっても便利なまつげエクステなので、まつげエクステ講座を受ける事がおすすめです。

セルフまつげエクステの感動を、友人にも体験してほしくて勧めているところです。

今までいろいろアイメイクを試してきましたが、セルフまつげエクステで悩みが解決しました。
まずセルフの魅力は、自分の思い通りの仕上がりになる事です。気になったところは自分で修復できます。
もう少しこの部分は長くしたいとか、ここの部分はもっとボリュームを出したいとか思い通りです。
また一部が取れてしまった場合でも、自分で治す事ができるので、いつでも出来上がりのキレイな状態です。
さらに、まつげエクステが自分で出来る魅力は、サロンに行かなくてもいいという事です。
仕事帰りに行きたくても残業が発生したり、仕事が終わってからの1~2時間の拘束は少ししんどいものがあります。
ですが自分で出来たら、家でテレビを見ながらゆっくり出来るし、休みの日にわざわざサロンまで行かなくても自宅で出来るのがうれしいです。
また、サロンへ行けばそれなりに出費があります。月に1度とリペアをすれば相当の金額になります。
しかしケチって行かないと、目はぼろぼろになってしまいます。
そんな悩みが吹き飛ぶのが、このセルフまつげエクステです。

まつげエクステサロンにはアイリストの方

現在、とても多くのまつげエクステサロンがありますし、格安料金で個人宅の一室でお一人でやっている方もいらっしゃいます。
そういった方は、本当に正式なアイリストなのでしょうか。
実はまつげエクステを行う人は、美容師免許がないと違法にあたります。
民間資格を持っていると掲げている方もいらっしゃいますが、国家資格の美容師免許がなければ逮捕されてしまいます。
もちろん、目のトラブルにあった場合でも保険加入ができていない為、なんの保障もしてくれません。
悪質なサロンは、インターネットで購入した格安キットを使用して、無免許でお客様に施術している人もいると聞きます。
しかし、現在ではそういった国家資格をもっていないアイリストさん達が沢山いらっしゃいます。
そんな現状のアイリスト業界よりも、自分でまつげエクステ講座へ行って、正しいセルフまつげエクステを行ったほうが、どれほど安全か知れません。

セルフまつげエクステのセミナーを受けようか、通信講座を受けようか迷っていました。

インターネットで、多くのセルフまつげエクステキットが販売されていたり、通信講座があります。
しかし、私は不器用でつけまつげすら上手く着けることが出来ません。
万が一、通信講座で付属のDVDを見て上手く着けられなかったらどうしようと不安がありました。
その時、まつげエクステセミナーというものがあると知り、金額もまつげエクステサロンに数回通えばペイできる程の
金額だとわかり、セミナーを受ける事にしました。
やはり先生から直接教わる事はとても勉強になりました。
DVDや、通信講座ではわからない『まつげエクステをつけるコツ』をいうのを、先生のわかりやすい講義を見て、
私でもあっという間に出来る様になりました。
まつげエクステのセミナーへ行って、今では毎月自分でセルフまつげエクステをしています。
来月は、友人の結婚式があるので、ちょっと豪華な目元を作りたいと思っています!!

まつげエクステを自分でつけれるようになれば、自分の理想のぱっちり目に?

エクステにはいろいろな種類があります。
それぞれ長さや太さ、カールが違います。
それら多種のエクステをバランスを考えて装着して行きます。
まつげのデザインが変わるだけで、目元の印象は大きく変わります。
アイメイクをしているか、していないかだけで印象が変わるのと同じです。
まず、エクステのカールの度合いですが、Jカール、Cカール、SCカールなどがあります。
Jカールは真っ直ぐに近いカールでナチュラルに仕上がります。
Cカールはよりカールが強いもので、上に向かってカールして入る為可愛い印象になります。
CSカールは一番カールが強く、ゴージャス感が出るため、目力がアップします。
これらのエクステを組み合わせてバランスを整えていきます。
目の真ん中辺りに長めのエクステをつければパッチリした印象の目元になります。
ナチュラルに仕上げたいときは、長さはあまり出さず、全体的に揃えれば自然な仕上がりになります。
また、目尻を長めにすればセクシーな印象など、お気に入りのデザインを行うことが出来ます。
仕事場、結婚式、面接、普段使いなどTPO毎に印象を変えられるのもセルフまつげエクステの魅力の1つです。

今ではメジャーになったまつげエクステは、女性の間でとても人気の美容商品です。

これまでまつげエクステサロンに通っていた人も、自分で行うセルフまつげエクステを行うようになっています。
まつげエクステの魅力に取り付かれる人は多く、スッピンの状態でもまつげだけはしっかりしているので、
化粧が楽になるメリットや、もちろん目力が出るといったメリットがあるからです。
その為、最近ではまつげエクステスクールに通う人も多くなりました。
まつげエクステスクールは、プロのアイリストを目指したコースから、自分で出来るようになる為だけのコースもあり、
最短では1日で修了するクラスもあります。
スクールでは基本を学ぶ事ができ、セルフでまつげエクステをつける事ができるようになります。
通信制のまつげエクステ講座では出来ない実習や、生で先生の施術を見てコツを学ぶ事もできます。
また、まつげエクステサロンでは悪質なところもありますので、目という敏感な場所の施術を任せるアイリストさんを
見極める為の目を鍛えることもできます。