petit vis(プチビス)2018年福袋通販スタート【2種類】

1

今年のプチビスの福袋は最初から
中身が見えて選べる福袋。
1万円の商品よりは、中身のアイテム数は
減るものの、お手頃価格の福袋です。

11月25日0時通販スタート


>>>プチビス福袋をチェック<<<

2017年プチビス福袋中身のネタバレ

1

若い頃親しんだブランド屋内さんの話

私が若い頃、最初に飛びついたのは、森英恵氏の蝶柄のブランドでした。
洋服だけでなく、ハンカチからバックまで、全てを蝶でそろえた時期がありました。
そんな私が、どちらかといえば、落ち着きのあるシックな森英恵氏と対照的な、山本寛斎氏の作品に出会ったのは、神戸の元町で見つけた一冊のファッション誌でした。
こんな派手っぽい品は、社会人になりたての自分には似合わないと思ったのですが、組合せ次第では、何とかなるかも・・・という気持ちもあって、恐る恐る、挑戦してみたのです。
意外と、友人達の評判がよくて、それからというもの、私の山本寛斎氏狂いが始まりました。
現在では、私の手元に残る当時の面影と云えば、寛斎氏デザインののサイケデリックな、折り畳み傘位になってしまいましたが、当時の日本の中では、めったにお目にかかれない、ヨーロッパの風景がかもし出される、洗練された色調と斬新なデザインのファッションセンスは、私の青春時代の象徴であり、今日の私の洋服選びにも、未だに反映されつづけていると感じています。
若しも、山本寛斎氏のファッションを知らずにいたとしたら、今の私・・・派手地味ファッションを好む人間はいたのか否かという位の影響を頂いたと思います。

1

コメントを残す

このページの先頭へ