リーバイス(LEVIS)2019年福袋通販予約。2018年ネタバレ・セール情報まとめ。

対象ボトムス1本3,000円、2本で5,000円!トップス 30~40%OFF!

引用元:リーバイス公式twitter
とのことで、どのジーンズが対象なのか気になる所ですが
以下の時間帯に、ブラックフライデーセールがスタートします。

11/22(木)19:30~ブラックフライデーセールがスタート

1公式オンラインサイトをチェック

2018年のリーバイスの福袋通販情報まとめ

昨年のリーバイスの公式サイトでの福袋販売は、12月22日でした。
レディースとメンズの福袋の販売があり。1万円2万円福袋についても
種類によって、何種類かの福袋の発売がありました。

2018年の福袋の中身のネタバレ
1
引用元:ヤフーオークションサイト

12月下旬あたりのチェックがおすすめ

1福袋をチェック

綿100%のジーンズといえば、リーバイス口コミ

リーバイスのデニムを初めて購入したのは、学生時代でした。その当時は、海外で人気のあるデニムと言えば、リーバイスで、大変人気がありました。
リーバイス501、ストレートで、綿100%という形が、気に入っていて、購入していました。今も、501が、一番好きです。
大人になってからは、海外で人気のデニムや国内ブランドのデニムも沢山出て来たので、何本か持っています。
でも、女性らしさを出すためにポリウレタン等を入れ、ストレッチ感があったり、ぴったりするような感じのものが多かったり、柔らかい生地のものもあったり、
長年はいていると、伸びてしまったりして、形の変形があったりします。そんな中、リーバースも時代と共に形も変わっていますが、
綿100%のデニムもあり、昔からのストレート、ボタンフライは、デニム好きには、たまりません。デニム生地の厚みのある感じも好きで、
ゆったりめではいても、だらしなく見えません。

これからも愛用のヴィンテージリーバイス501、505は大事にしていきます。

リーバイスといば、まず思い浮かべるのはデニムだと思います。特にリーバイス501といえば知らない人はいないぐらいメジャーなアイテムですね。
リーバイスは、1850年代にアメリカサンフランシスコで設立され、丈夫なことから労働者の作業服として使われ始めました。
今ではアメリカの象徴的なブランドの一つでもありますが、最近は生産を本国では行わずベトナムやフィリピンなどの国の工場で生産を行っているのが非常に残念です。
このことから最近ではmade in USAのヴィンテージとはいえない1990年代の501の価格が徐々に上がってきています。数年前までは数千円で買えたものが今では状態が良いものは1万円を超えるものが多く出回っています。
自分もリーバイスのヴィンテージが好きなので、現在501のBIGE、66前期、後期、505の66前期を所有していますが、どれも味があって同じものがないというところもヴィンテージの魅力です。10数年前の古着ブームの頃とは違いますが状態の良いものはだいぶ少なくなっている感じなので大事に履いていきたいと思っています。
他にもコーデュロイの519も数が少なくなっているようで、こちらも徐々に価格が上昇しています。このモデルはカラーバリエーションも多いので今のうちにジャストサイズで気に入った色があれば揃えていきたいと思っています。

リーバイスのジーンズの魅力はシルエットの良さとなじみがいい所。おばさん体型でもチャレンジできる

 リーバイスの魅力は、シルエットがいい所です。個人的にはストレートのパンツが好きですが、おばさん体型でなかなか合うパンツがなく困っていました。そこで見つけたのがリーバイス。履き心地がよく締め付けない上、馴染みがいいところがいいです。また、素材に合わせてお値段もリーズナブルな物からお高いものまであり、初めてのジーンズ選びにはお手頃な物から試せるのがいいです。ジーンズだけでなくカジュアルなワンピースやトップスなどもあり、お店に行くと娘も一緒に目の色を変えて選んでいます。購入して最初の洗濯の色を落ちが気になっていましたが、さほど洗濯槽の色が変わらず心配することはありませんでした。リーバイスデビュー(?)してからまだ日が浅いのですが、これからダイエットし、オバサン体型を克服しデニムパンツの似合うスタイルになったら、娘とお揃いのリジットデニムにも挑戦してみたいです!ダイエットのきっかけにもなり、リーバイスデニムの魅力は恐るべしです。

コメントを残す

サブコンテンツ

アクセサリーの福袋

このページの先頭へ