小田急百貨店の2017年の福袋の通販(ネットショップ)での開始はいつ?

1

小田急百貨店の2017年の福袋が販売します。
他の百貨店で売り切れてしまったモロゾフやメリーチョコレートは
完売していますが、レディスファッションなど
ストッキングや、完売している福袋も販売されるので
要チェックですね

>>>小田急百貨店福袋をチェック<<<

小田急百貨店での思い出
小田急線沿いに住んでいたので、ランドセルや洋服など買い物はほとんど小田急百貨店でした。
買い物にいくと家族で最上階にあるレストランで夕食を食べて帰ることが多かったです。
最近父親が亡くなりましたが、香典返しもこのデパートを利用しました。

小田急百貨店でオリジナルアクセサリーを作る作家の方が作品を出展されていました。
ステキな石のアクセサリーが販売されていて購入しました。
その後、お手紙を下さりリングを作り送ってくださいました。
だいぶ前のものですが、今でも大切に持っています。

コレット井筒屋での思い出
自分が過去に働いていたところです。
旧そごう(そごうの次は伊勢丹その次が現在のコレット井筒屋)
服やバッグ等、いろんな物を買いましたね。
上層階では(10Fあたり)食事及び休憩がてらに使う喫茶店などもあり、買い物以外でもよく利用していました。

小倉駅から徒歩で1分弱でつく駅の真横にくっついているぐらい
駅からの短いアクセスで行くことができます。

香林坊大和での思い出
金沢の中心部、香林坊という地域にある北陸地方ではおそらく最も大きな百貨店です。
百貨店のため、比較的高品質で高単価の商品が揃っているのですが、
一階に待ち合わせスペースがあり、そこには椅子とテレビが設置されていて誰でも座って寛ぐことができます。
オリンピックが放送されているときに、友人と買い物も忘れてテレビにくぎ付けになってしまいました。
周囲の人々も和気あいあいとしていて、地方百貨店ならではのほのぼのとした一面だったなあ、
と東京に来てから懐かしく思い出します。

天満屋での思い出
屋上の遊園地の思い出が、よみがえります。
建物の際にぐるりと一周、レールが敷かれ、新幹線のような形をした乗り物で、
ゆっくりと周遊するのですが、八階建の百貨店の屋上なので、
高さは当然ですが、風も強かったので、凄く恐ろしかったのを覚えています。
今なら、危険すぎて、あり得ない遊具だと思います。私は洋服を選ぶときに、必ず一度自宅のクローゼットの中身を全て確認しています。
その時に、スマホでいくつか写真を撮っておいてその洋服に合いそうなものをお店で購入します。
その際は、どのようなものが欲しいかを告げスマホの写真を見せながら店員さんのアドバイスも取り入れるようにしています。

さらには、自分の顔に似合うかを鏡でしっかり確認し色も数種類あればためらわず試着もしてきちんと体にフィットするものを選んでいます。
このような買い物の仕方をするようになってから、
自分に似合うものが分かるようになりサイズにとらわれずきちんと体に合う物を購入出来るようになりました。

自宅では、ファッション雑誌をまめに確認しておくなど常日頃からファッションへのアンテナを高感度にしておけば
流行を適度に取り入れながら自分らしいスタイルをつくれるようになります。
また、服屋はブランドにとらわれず特定のお店に決めず柔軟に行うようにしてます。

1

コメントを残す

このページの先頭へ