ROSEFIELD【the small edit】口コミ。下町ロケット真矢ミキさん着用モデル

1

下町ロケットの続編にて佃製作所の社長の元奥様泉沙耶(いずみさや)役の真矢ミキ
さんが身に着けているのがこちらの時計。
全体的にシックな雰囲気にまとめられているので、大人の女性にも
ファッションに合わせて楽しむ事が出来るそんな時計です。

1

こちらの時計は、バンドが取り外し可能。
イメージを変えたい場合は、バンドの色などを変えて
様々なシーンでも楽しむ事が可能です。

1公式代理店でチェック

下町ロケットは、前作から大好きでずっと見ていました。という方々の口コミをまとめました。

前作からハラハラドキドキさせられますが、佃製作所のメンバー全員で、
その困難を乗り越えていく様は、現代で失われかけている、みんなで一つの目標に立ち向かう
精神の大切さを改めて教えてくれるドラマだと思います。今作も前作から引き継いでロケット
事業の話は当然として、さらにトランスミッションなどの新たな事業にも進出しながら、
佃製作所全員で困難を乗り越えていくシーンが感動します。山あり谷ありのドラマなので、
一喜一憂させられるのですが、その度に困難を乗り越える佃製作所のメンバーには、
色々考えさせられます。このドラマをみているとここまで会社を愛し、みんなで夢の実現に向けて、
あらゆる困難に立ち向かうことの大切さや思いやりを考える機会になります。
これからもあらゆる困難があったとしても、思い一つにやり遂げるのを楽しみにしています。
自分ももっとやらなければと思わせてくれるドラマです。

前シリーズに続き、今回も様々な問題が佃製作所を待ち受けていて目が離せません。

社長の佃はとても人情深くて、幼い頃からの夢を実現するために頑張っています。そんな社長を従業員は慕っていて、その関係がとても羨ましいと感じます。
小さい町工場ならではの関係性だと思います。
ギアゴーストが特許侵害で訴えられた時も、その技術と人柄に惚れこんだ佃は協力を惜しみませんでした。しかし、伊丹の裏切りにあってしまいます。
佃らの協力があったからこそ裁判で勝つことができたのに、その恩義を無駄にする伊丹のことが許せません。
伊丹はダイダロスと資本提携することを決めましたが、きっと良いように使われて切り捨てられるだけだと思います。
復讐に燃える今後の伊丹の動向に注目したいです。
また、佃の良き理解者である帝国重工の財前が新しい部署に異動してしまいました。しかし、財前はめげずに新しいことを始めようとしていました。
佃と財前は志が同じで、お互いに高め合っている良い関係です。これからもその関係を続けて欲しいと思いました。

コメントを残す

サブコンテンツ

アクセサリーの福袋

このページの先頭へ