CHRISTIAN AUJARD(クリスチャン・オジャール)2018年福袋通販開始

1

2018年の福袋の通販開始日は11月22日10時
>>>イトキンの福袋をチェック<<<

私はバッグに対するこだわりが強いと思います。

大きさはA4サイズのプリントが入るものがいいです。
色は基本的に黒で、形はビジネスっぽいものを選ぶことが多いです。
ただ、大きなバッグだとうっかり物をたくさん入れてしまうことがあるため、荷物を少なくまとめるようにしています。
最近はスリや置き引き等の犯罪があるため、少しでも被害に遭わないためにファスナーが付いているものがいいです。
こちらは仕事用として利用する場合の選ぶ基準です。

仕事以外だと色は黒以外(オレンジや白等カラフルな色)を選びます。
形はミニボストンが多く、旅行に行った際、ちょっとした荷物はミニボストンに入れて持ち歩いています。
こちらも仕事用と同じく、ファスナーが付いているものがいいです。

そして、どちらにも共通していることは丈夫なことです。
バッグを買う機会があまりないため、一度買ったら5年くらい使っていることがあります。
そういう点ではブランド物のバッグを選べば済むことですが、欲しいバッグは手が届かない値段なので、ノーブランドで上記の点を重視して選んでいます。

バッグを買う際は、まず大きさを重視します。

必須条件はA4サイズのファイルが入ることです。これは仕事に利用することを考えてのことですが、この条件がクリアできれば仕事用のみでなく遊び用にも用いることができます。例えば遊びに行くのにもハンカチやカーディガン、折り畳み傘など必要なものがたくさんあります。買い物をした時品物を入れることも考えられます。そのため遊び用のバッグでも大きいことが大切です。また、多くのものをしまうことから丈夫かつ少しでも軽めのバッグを選ぶのが理想です。バッグ自体が重いと少ない荷物でも肩への負担が増えます。
色や形は、その時の気分で並んでいるものから選んで購入します。汚れの目立つ白は避け、黒や紺など濃いめの色を選ぶことが多いです。また、色が濃い方が季節を選ばず使用できる傾向があります。
素材はあまりこだわりませんが、汚れた時ふきとりやすいように合皮を選ぶことが多いです。合皮は本物の革より安価である上、いかにも革という感じがあまりないため気軽に購入できます。

通勤に耐えられるバックを選ぶ事にしています

自家用車で通勤していたころは何も考えずにバッグを購入していましたが、首都圏で務めるようになり、満員電車での通勤を経験してからはバッグを選ぶようになりました。
こだわっている点はこちらの2点・型が崩れないバッグかフニフニした型のないバッグを選ぶ・エナメル素材やビニール系素材は選ばないなぜ、このようなこだわりを持ったかというと、通勤ラッシュの威力で1ヶ月経たないうちに型崩れをしてしまい、3万円ほどのバックが悲惨な状態に。
また、お手頃価格のナイロン製バッグにしたところ、どなたかの金具が引っかかり傷と小さな穴が空いてしまい。
エナメルのビジネスバッグに変えたら、電車の戸袋に引き込まれて危険な目にあったり…立て続けに悲しい体験をしたのでバッグへのこだわりを持つようになりました。

コメントを残す

サブコンテンツ

ポイントも福袋も攻略

このページの先頭へ