楽天トラベルと飛行機会社のマイルを貯める。どちらがお得?

マイルと楽天カードと、どちらを貯めた方がお得に買い物できるの?

クレジットカードのポイントを貯めて、そのポイントをそのまま旅行の費用に充てるか、
マイルに換えて飛行機代を浮かせるか、どちらがお得か?
通常のクレジットカードは、ポイント還元率が0.5%のカードがほとんどですが、
航空会社のマイレージのマイルの還元は、航空会社やカードホルダーのステータスで、
還元率やマイル取得の割り増しの率が違ってはきますが、
概ね100円のショッピングで1マイルが貯まり、飛行機に乗れば搭乗マイルも付加されます。
そして、1マイルの価値は1.5円から5円の特典航空券と交換が可能なこともあります。
こうした理由から考えると、日常仕事などで飛行機利用の多い方は、
マイルを貯めて旅行をする方法がお得となります。
しかし、「楽天カード」を利用すると、ポイント還元率1%、100円で1ポイントになることと、
楽天市場で買い物をすればポイント還元率4%、楽天トラベルで旅をすると還元率2%と
高還元率を得られます。つまり、楽天カードのポイントで旅をして、
貯まったポイントをマイルに換えて飛行機代を浮かせる方法が可能となります。
楽天カードの場合、ポイントを貯めるか、マイルをためるかという選択ではなく、
楽天カードをホルダーすること自体で、ポイント、マイルに限らず、
それぞれを貯めるお得感を味わえることとなるでしょう。

1つまり

会社などで、よく出張に行く方はマイルを貯めた方がお得であるのにたいし
ネットでショッピングをする人は、そのポイントを貯めた方がお得。
自分の生活スタイルに合ったポイントを貯めるのがお得と
言えます。

1

コメントを残す

このページの先頭へ